メタバリアS ケルセチン
メタバリアSに含まれているケルセチンの効果について詳しくご説明します。

ケルセチンはダイエット業界からも注目されている成分で、効果的にダイエットをサポートすることができると高く評価されています。

それだけダイエットに効果があるなら体重を減らす効果も期待できそうなのですが、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

まだ一般にはメジャーな成分ではないので、どんな効果があるのか、副作用の危険性はないのか知っておきたいですよね。

そこで、メタバリアSに含まれているケルセチンについてお教えします。

ダイエットサポートの強い味方!ケルセチンとは?

ケルセチンには脂肪の吸収を抑制する効果や抗酸化作用、抗癌作用、降圧作用の効果をもたらします。

脂肪の吸収を抑えるだけでなく、健康にも良い効果があることから、積極的に摂取した方がいいと推奨されている成分です。

ポリフェノールの一種であり、色々な食品にも含まれていることから、安全なことも注目されている理由でしょう。

特にケルセチンは玉ねぎに多く含まれている成分で、玉ねぎをたくさん食べるダイエット法も一時期流行りましたよね。

玉ねぎ以外にもブロッコリーやリンゴ、緑茶などにも含まれているので、普段の食生活にも摂り入れやすいのですが、それならメタバリアSを飲まなくてもこれらの食品を積極的に摂取していればいいのではないでしょうか?

ケルセチンは食品だけでは吸収しきれない?

ケルセチンが含まれている食品はたくさんありますが、実はケルセチン単体だと水に溶けにくい性質であることから、身体に吸収されづらいといった弱点があります。

そのため、ケルセチンが多く含まれている食べ物を食べているだけではケルセチンは身体に吸収しきれず、吸収できなかったものはそのまま排出されてしまいます。

もちろんケルセチンが含まれている食べ物を食べないよりは効果はありますが、メタバリアSと同様の効果を食品で得ることはかなり難しいでしょう。

メタバリアSがケルセチンを吸収できるのはなぜ?

メタバリアSに含まれているケルセチンは水溶性に改良され、身体に吸収しやすいようにしたケルセチン配糖体です。

ケルセチン単体よりも効果の実感力が高く、身体に吸収されやすいことから効果的に成分効果を発揮することができます。

食品にもケルセチン配糖体が含まれているものもあり、玉ねぎにもケルセチン配糖体はあるのですが、配糖体が多く含まれているのは玉ねぎの皮なので食べることはできないですよね。

メタバリアSならケルセチン配糖体によりダイエット効果をより引き出しやすくなるので、食品や他のダイエットサプリに比べて効果の満足度が高いのでしょう。

ケルセチンには危険な副作用の噂も…

食品にも含まれているケルセチンですが、実は以前ケルセチンを使ったマウス実験でマウスが死亡したといった報告が上がり、問題視されたことがありました。

しかし、マウスに与えたケルセチンの量は160mgで、これを人間の身体に換算すると玉ねぎ約120個分となるので、身体に大きな負担がかかってもおかしくないですよね…

実際に人間がこれだけの量のケルセチンを摂取することは難しいですし、もしメタバリアSを過剰摂取しても、身体に悪影響を与えるほどの副作用が起こることはありません。

メタバリアSに含まれているケルセチンは食品に含まれているものよりも身体への吸収力が高く、効果を実感しやすいですし、さっと飲むだけでいいので簡単にケルセチンを摂取することができますね。

ただし、メタバリアSを過剰摂取しても効果が倍増するわけではないので、摂取量を守って正しい飲み方で続けていきましょう。

>>メタバリアSの公式サイトはこちら