メタバリアS 妊娠中
妊娠中にダイエットサプリを飲むとどのような危険があるのでしょうか?

最近は妊娠中の体重管理が厳しくなり、太り過ぎてしまと妊娠高血圧症候群などの病気になる恐れから医師や看護師から厳しく指導されているママも多いでしょう。

必要以上に太ってしまうと、病気になるだけでなく、産道が狭くなってしまうことから集散時に赤ちゃんが危険な状態になってしまうこともあうので、妊娠中の体重増加は注意しなければいけません。

しかし、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送らないといけないですし、運動もしにくく、ストレスも溜まりやすいのでつい食べたくなってしまいますよね。

メタバリアSを飲めば糖質カットすることができるので、妊娠中の体重管理に良さそうなのですが、実は妊娠中メタバリアSを飲んではいけません。

なぜ妊娠中はメタバリアSを飲んではいけないのか、もし飲んでしまったらどのような悪影響があるのかをお教えします。

妊娠中にメタバリアSを飲むとどうなるの?

メタバリアSは糖の吸収を抑えることで、体重を減らすことができるダイエットサプリです。

しかし、妊娠中は赤ちゃんに栄養を送らないといけないのに、メタバリアSを飲んでしまうと赤ちゃんに送らなければいけない栄養の吸収までも抑えてしまいます。

そのため、赤ちゃんに十分な栄養を届けることができず、低体重児になってしまったり、何かしらの障害を起こす危険性が高まるので、妊娠中はメタバリアSの摂取を控えましょう。

メタバリアSの公式サイトでも妊娠中の摂取は控えるように記載されています。

また、妊娠中だけなく、授乳中もメタバリアSの摂取は控えましょう。

母乳に必要な栄養までも届けることができなくなってしまうので、妊娠中や授乳中はメタバリアSではない方法で体重管理していきましょう。

卒乳してからの産後ダイエットにはおすすめ!

授乳中も赤ちゃんに栄養を送れなくなってしまうのでメタバリアSの摂取は控えないといけません。

しかし、すでに卒乳しているのであれば、子育て中のダイエットにメタバリアSはおすすめです。

子育て中はどうしても自分にかける時間は少なくなり、ジムやエステに通うのは難しいですよね。

ダイエットのためにあまりお金はかけられないですし、意外と子育てにはお金がかかるので、どうしても自分のことは後回しになってしまいます。

メタバリアSはリーズナブルな価格なのでお金もかけずに痩せることができ、ただ飲むだけでいいので、自分の時間がとりづらい子育て中でも気軽に続けることができるでしょう。

特に産後は妊娠前よりも体型がどうしても崩れやすくなってしまうので、本格的にトレーニングを始める前にまずはメタバリアSである程度体重を落としてからでも遅くはありません・

妊娠中の体重管理で大事なことは?

妊娠中はもちろん食べ過ぎてしまい、必要以上に太ってしまうのは赤ちゃんにもママにも悪影響があります。

ですが、少し体重が増えてしまっただけで過敏に心配する必要はありません。

栄養バランスの摂れた食事をするように意識し、ウォーキングなどの軽い運動をするだけでも十分に効果があります。

最近では妊娠中に行える簡単なエクササイズ教室やヨガ教室もあるので、気分転換やママ友づくりのために通ってみるのもいいですね。

甘いものを食べたからといってすぐに体重が増加するわけではなく、あくまでもバランスが大事なので、糖質が高いものは絶対に食べてはいけない…と意識しすぎてしまうとストレスがたまります。

メタバリアSは妊娠中に飲むと赤ちゃんや母体への身体の負担がかかるため、摂取するのは控えてください。

ちょっとしたことを気をつけるだけでも体重管理はできるので、ママも赤ちゃんも穏やかにマタニティライフを過ごすためにも健康的な生活を送っていきましょう。