メタバリアS

メタバリアSは食前の何分前に飲めばいいの?

メタバリアS 何分前

メタバリアSは食前の何分前に飲むことで、より効果を発揮することができるのでしょうか?

食べた物の糖分の吸収を抑え、同じものを食べても太りにくい身体にしてくれると話題のダイエットサプリ「メタバリアS」をもう試してみましたか?

腸内環境を改善する効果もあるので、ダイエット中に起こりやすい便秘も解消できるとのことで、多くのダイエッターたちの間で話題になっているダイエットサプリです。

メタバリアSは食前に飲むことで、その後に食べた物の糖分を吸収を抑えることができるのですが、具体的に食前の何分前に飲めばいいのでしょうか?

飲み方には食前に飲むと効果がでやすいとしか記載されていませんし、食前の直前なのか、それとももっと前に飲んだほうがいいのか分からないですよね。

メタバリアSの効果を出すためには何分前に飲めばいいのでしょうか?

食前の15~30分前に飲むと効果が出やすい?

具体的に何分前に飲まなければいけないといった決まりはありませんが、メタバリアSの成分を身体に十分に浸透させるためにも食前の15~20分前に飲まれることをおすすめします。

しっかりと身体に成分を吸収させてから食事をすれば、より効率的に糖の吸収を抑えることができるでしょう。

しかし、通常の食事であれば食前の15~30分前に飲むのがより効果があるとされていますが、飲み会やパーティなど食事時間が長いのであれば、できるだけ効果を持続させるために食事をする直前に飲んでください。

メタバリアSは水さえあればすぐに飲むことができ、持ち運びしやすいサイズになっているので、外出先での急なお誘いでも困らないですね。

食後に飲んでも効果はない?

メタバリアSを飲むなら食前の15~30分前に飲むことで、よりダイエット効果を実感しやすくなります。

しかし、もし食前にメタバリアSを飲み忘れてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

その場合は食後でもできるだけ早くメタバリアSを摂取しましょう。

食事中に飲み忘れていたことに気づいたら、食事中に飲んでも問題ありません。

ただし、食事をしてからかなり時間を経っているとメタバリアSの効果を実感することはできないので、その場合は諦めて、次の食事をする前に飲み忘れないように気をつけてくださいね。

メタバリアSの1日に必要な摂取量は?

ダイエット効果を発揮するため飲むタイミングも重要ですが、1日の摂取量を守って毎日飲み続けることも大事です。

メタバリアSは1日の摂取量は8粒とされていますが、1回で一気に8粒飲む必要はありませんが、できれば1日に3食のタイミングで毎回飲むようにすればより効果を実感できるので、8粒を3回に分けて飲むようにしましょう。

飲む粒数の割合ですが、1番摂取カロリーが多い食事のタイミングを多めに摂取するようにしましょう。

例えば夜ご飯を1番多く食べるのであれば、朝は2粒、昼は2粒、夜は4粒と小分けにして飲むことで、より効果的に糖の吸収を抑えることができます。

あまり粒数にばかり気にしすぎなくてもいいのですが、可能であれば意識してみて粒数を調整してみてくださいね。

糖質制限ダイエットが流行っていますが、外食するのも難しいですし、美味しいものを食べられないのってかなり辛いですよね。

最初のうちは頑張れても、過度な糖質制限は脳にも影響し、集中力低下ややる気がなくなる、疲労感、イライラしやすくなるといった症状を引き起こす原因になります。

過度な糖質制限は生命の危険に関わる事態も起こしかねないので、極端な食事制限は絶対に止めておきましょう。

メタバリアSを摂取するなら15~30分前に飲むように意識して、無理なく健康的に理想の身体を目指してみませんか?

>>メタバリアSの公式サイトはこちら