糖尿病との関係性が知りたい!予防?併用?

薬やサプリの中には飲む際に注意が必要なものがあります。

 

薬もサプリもパッケージにその旨が書かれていることが多いですよね。

 

メタバリアSは薬ではないので、薬剤師や医師に使用上の注意を聞いてから摂取するものではありません。

 

しかし糖尿病を患っている方はメタバリアSの摂取に注意が必要なようです。

 

メタバリアSは糖尿病の薬となぜ併用してはいけないのでしょうか。

 

また糖尿病を患っている方にはどう作用してしまうのでしょうか。

 

サプリと言っても薬との飲み合わせに注意が必要なものもありますし、摂取する前に必ず注意事項をチェックするようにしましょう。

 

メタバリアSと糖尿病の薬は併用できない?

メタバリアSは糖の吸収を抑える効果や腸内環境を整える効果があります。

 

糖質制限という言葉を耳にしたことがあると思いますが、糖質を摂りすぎてしまうと脂肪として蓄積され、体型の変化だけではなく生活習慣病にも罹ってしまうことがあります。

 

普段から食べる機会の多いお米やラーメンやパンなどにも糖質が多く含まれているため、糖質制限ダイエットを試したことがある方もいるでしょう。

 

しかしメタバリアSはご飯をしっかりと食べながらメタバリアSを摂取することで、健康的に糖質オフができるようにサポートをしてくれるのです。

 

またメタバリアSにはサラシノールという成分が含まれ、この成分が食後30分後の血糖値の上昇を抑制する効果があります。

 

食後血糖値が上昇するのは隠れ糖尿病の可能性が指摘されたりもします。

 

また食後の血糖値の上昇というのは動脈硬化や脳血管疾患といったリスクが高まってしまいます。

 

こうしたリスクを回避するためにも、食後の血糖値の上昇を抑制する効果のあるメタバリアSは糖尿病をはじめとした病気になるリスクを下げる効果があります。

 

糖尿病の薬を服用している方はメタバリアSを飲む前に医師に必ず相談するようにといった旨の注意喚起がされています。

 

糖尿病の薬とメタバリアSの併用がなぜダメなのかといったハッキリとした説明は記載されていませんが、似た作用があるものを同時に服用することへの注意喚起なのではないかと推測できますよね。

 

メタバリアSと糖尿病の薬に限らず、例えば頭痛薬同士の併用はNGとされるように、一度に似た作用のものを摂取してはいけないという体への負担を考えたものになっているのではないでしょうか。

 

メタバリアSと糖尿病の関係

糖尿病を患っている方や、予備軍と呼ばれる方は血糖値の濃度が高くなりやすいため、糖質制限をすることが必要となります。

 

糖質制限は毎日の食事で行うこともとても大切ですが、メタバリアSのようにサプリを使用して効率よく糖質カットをしていくという方法もあります。

 

しかしメタバリアSには糖尿病の予防になるといったことや、糖尿病が改善されるといった効能は記載されていません。

 

メタバリアSはダイエット目的や健康目的で使用している方が多く、便秘の解消効果を実感している方もいます。

 

メタバリアSは糖の吸収を抑制する効果はありますが、血糖値を下げる効果があるわけではありません。

 

そのため血糖値を下げたいという方よりも、食事による糖質制限がうまくできないという方や、自分が好きなものを食べたいという方にメタバリアSは向いていると言えるのではないでしょうか。

 

糖尿病とメタバリアSの関係性が知りたい!予防?併用?:まとめ

メタバリアSは糖尿病を患っている方、糖尿病の薬を服用中の方は医師に相談する必要があります。

 

メタバリアSには糖尿病の薬と似た作用があることで、併用ができないのではないかと推測ができます。

 

メタバリアSは糖質が気になる方、糖尿病の予防としては効果を発揮してくれることに期待をもっても良いかもしれません。