副作用はある!?メタバリアSの危険性とは?

病院や薬局で薬を処方してもらう際に、過去に飲んだ薬で副作用がでたことがあるかどうかを確認されたことがある方は多いと思います。

 

似たような効果をもつ薬であっても、成分の配合によっては副作用がでてしまって飲めないということもよくありますよね。

 

薬を処方される場合は、事前に専門家によって副作用への予防をすることができますが、市販の薬を買う場合やサプリを飲む場合は副作用への注意というのは自分でする必要があります。

 

メタバリアSは機能性表示食品のため医薬品ではありません。

 

しかしサプリでも副作用反応が起こることもあり、実際にどんな症状がでたかというのを口コミしているものも多くあります。

 

メタバリアSを飲んで副作用がでたという人はどのような症状がでたのでしょうか。

 

メタバリアSを飲むにあたって向き不向きがあるのかもおさえておきましょう。

 

メタバリアSの副作用とは

メタバリアSを飲んで副作用反応が起きた方はどんな症状が出てしまったのでしょうか。

 

サプリは薬とは異なり食品に分類されるので、副作用というのを大きく考える必要はないのかもしれませんが、それでも身体に合わないものや強く効果がでてしまうものを摂取すると、人によっては反応してしまうことがあります。

 

サプリは気軽に摂取できるのが良い点でもありますが、たかがサプリと思って摂取すると思っていなかった副作用が起こることもあるので、事前に自分の体質に合うものなのかをチェックしておく必要があります。

 

メタバリアSの副作用と見られる反応として以下のような口コミがあります。

 

◎お腹が張っておならがよくでるようになってしまい、飲むのをやめたらおならがおさまった
◎お腹がゆるくなってしまい、毎日のようにお腹を下してしまった
◎便の質が変わり軟便になった

 

このようにお腹の調子に関わる口コミを見かけます。

 

メタバリアSはメタバリアSからリニューアルした製品となりますが、メタバリアSに関して副作用反応がでたという口コミの方がネット上では多く見受けられます。

 

メタバリアSとメタバリアSでは主な成分は大きく変わらないので、メタバリアSの副作用症状を参考にしてみるのもひとつの手かと思います。

 

なぜ副作用が?

メタバリアSにはサラシア由来のサラシノールというのが配合されています。

 

上記で話したメタバリアSにはこのサラシノールが0.8r配合されていましたが、メタバリアSには1.0r配合されています。

 

このサラシノールは体内の糖の吸収を抑えてくれるため、ダイエットにも活用することができるのです。

 

また腸内環境を整える効果もあるため、便秘の解消などにも繋がるわけです。

 

そのため、もともとの自分の腸内環境の状態によってお腹の動きが変わり、軟便や下痢になりおならが気になるといったことが起こることが考えられます。

 

もともと腸が弱いという方にとっては、腸内環境が整うまでは下痢や軟便といったことが起こる可能性もあります。

 

こうした副作用反応が気になったという方は数日から一週間程で症状がおさまっているようですが、仕事中や外出が多いと気になってしまいますよね。

 

その際は無理をせずに自分の体調に合わせて摂取をするようにしていきましょう。

 

メタバリアSの摂取上の注意事項としても、“体調に異変を感じたら速やかに中止し、医師に相談を”との記載があることや、“医薬品を服用中の方、通院中の方などは医師や薬剤師に相談を”といった旨の記載があります。

 

注意事項や用法容量をきちんと守ったうえで、メタバリアSは効果を発揮します。

 

強い副作用反応がでているときは無理をせずに、自分の体調を優先して摂取をするようにしましょう。

 

副作用はある!?メタバリアSの危険性とは?:まとめ

メタバリアSの副作用と見られる症状がでている人もいることがわかりましたね。

 

反応が起こるのはもともとの腸内環境の違いや、体質によるものが大きく関係しています。

 

メタバリアSを摂取する前に自分の体質に合うものなのかをしっかりとチェックし、安心して飲めると判断したうえで摂取するようにした方が良いでしょう。