メタバリアS

副作用はある?ケルセチンとは?メタバリアSに危険性がないか成分をチェック

副作用はある?ケルセチンとは?メタバリアSに危険性がないか成分をチェック
副作用はある?ケルセチンとは?メタバリアSに危険性がないか成分をチェック

病院や薬局で薬を処方してもらう際に、過去に飲んだ薬で副作用がでたことがあるかどうかを確認されたことがある方は多いと思います。

似たような効果をもつ薬であっても、成分の配合によっては副作用がでてしまって飲めないということもよくありますよね。

薬を処方される場合は、事前に専門家によって副作用への予防をすることができますが、市販の薬を買う場合やサプリを飲む場合は副作用への注意というのは自分でする必要があります。

メタバリアSは機能性表示食品のため医薬品ではありません。

しかしサプリでも副作用反応が起こることもあり、実際にどんな症状がでたかというのを口コミしているものも多くあります。

メタバリアSを飲んで副作用がでたという人はどのような症状がでたのでしょうか。

メタバリアSを飲むにあたって向き不向きがあるのかもおさえておきましょう。

メタバリアSの副作用とは

メタバリアSを飲んで副作用反応が起きた方はどんな症状が出てしまったのでしょうか。

サプリは薬とは異なり食品に分類されるので、副作用というのを大きく考える必要はないのかもしれませんが、それでも身体に合わないものや強く効果がでてしまうものを摂取すると、人によっては反応してしまうことがあります。

サプリは気軽に摂取できるのが良い点でもありますが、たかがサプリと思って摂取すると思っていなかった副作用が起こることもあるので、事前に自分の体質に合うものなのかをチェックしておく必要があります。

メタバリアSの副作用と見られる反応として以下のような口コミがあります。

◎お腹が張っておならがよくでるようになってしまい、飲むのをやめたらおならがおさまった
◎お腹がゆるくなってしまい、毎日のようにお腹を下してしまった
◎便の質が変わり軟便になった

このようにお腹の調子に関わる口コミを見かけます。

メタバリアSはメタバリアスリムからリニューアルした製品となりますが、メタバリアスリムに関して副作用反応がでたという口コミの方がネット上では多く見受けられます。

メタバリアSとメタバリアスリムでは主な成分は大きく変わらないので、メタバリアスリムの副作用症状を参考にしてみるのもひとつの手かと思います。

なぜ副作用が?

メタバリアSにはサラシア由来のサラシノールというのが配合されています。

上記で話したメタバリアスリムにはこのサラシノールが0.8㎎配合されていましたが、メタバリアSには1.0㎎配合されています。

このサラシノールは体内の糖の吸収を抑えてくれるため、ダイエットにも活用することができるのです。

また腸内環境を整える効果もあるため、便秘の解消などにも繋がるわけです。

そのため、もともとの自分の腸内環境の状態によってお腹の動きが変わり、軟便や下痢になりおならが気になるといったことが起こることが考えられます。

もともと腸が弱いという方にとっては、腸内環境が整うまでは下痢や軟便といったことが起こる可能性もあります。

こうした副作用反応が気になったという方は数日から一週間程で症状がおさまっているようですが、仕事中や外出が多いと気になってしまいますよね。

その際は無理をせずに自分の体調に合わせて摂取をするようにしていきましょう。

メタバリアSの摂取上の注意事項としても、“体調に異変を感じたら速やかに中止し、医師に相談を”との記載があることや、“医薬品を服用中の方、通院中の方などは医師や薬剤師に相談を”といった旨の記載があります。

注意事項や用法容量をきちんと守ったうえで、メタバリアSは効果を発揮します。強い副作用反応がでているときは無理をせずに、自分の体調を優先して摂取をするようにしましょう。

メタバリアSの副作用と見られる症状がでている人もいることがわかりましたね。反応が起こるのはもともとの腸内環境の違いや、体質によるものが大きく関係しています。

メタバリアSを摂取する前に自分の体質に合うものなのかをしっかりとチェックし、安心して飲めると判断したうえで摂取するようにした方が良いでしょう。

>>メタバリアSの公式サイトはこちら

メタバリアSに配合されているケルセチンの正体とは

メタバリアS ケルセチン
ケルセチンはダイエット業界からも注目されている成分で、効果的にダイエットをサポートすることができると高く評価されています。

それだけダイエットに効果があるなら体重を減らす効果も期待できそうなのですが、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

まだ一般にはメジャーな成分ではないので、どんな効果があるのか、副作用の危険性はないのか知っておきたいですよね。そこで、メタバリアSに含まれているケルセチンについてお伝えします。

ダイエットサポートの強い味方!ケルセチンとは?

ケルセチンには脂肪の吸収を抑制する効果や抗酸化作用、抗癌作用、降圧作用の効果をもたらします。脂肪の吸収を抑えるだけでなく、健康にも良い効果があることから、積極的に摂取した方がいいと推奨されている成分です。

ポリフェノールの一種であり、色々な食品にも含まれていることから、安全なことも注目されている理由でしょう。特にケルセチンは玉ねぎに多く含まれている成分で、玉ねぎをたくさん食べるダイエット法も一時期流行りましたよね。

玉ねぎ以外にもブロッコリーやリンゴ、緑茶などにも含まれているので、普段の食生活にも摂り入れやすいのですが、それならメタバリアSを飲まなくてもこれらの食品を積極的に摂取していればいいのではないでしょうか?

ケルセチンは食品だけでは吸収しきれない?

ケルセチンが含まれている食品はたくさんありますが、実はケルセチン単体だと水に溶けにくい性質であることから、身体に吸収されづらいといった弱点があります。

そのため、ケルセチンが多く含まれている食べ物を食べているだけではケルセチンは身体に吸収しきれず、吸収できなかったものはそのまま排出されてしまいます。

もちろんケルセチンが含まれている食べ物を食べないよりは効果はありますが、メタバリアSと同様の効果を食品で得ることはかなり難しいでしょう。

メタバリアSがケルセチンを吸収できるのはなぜ?

メタバリアSに含まれているケルセチンは水溶性に改良され、身体に吸収しやすいようにしたケルセチン配糖体です。ケルセチン単体よりも効果の実感力が高く、身体に吸収されやすいことから効果的に成分効果を発揮することができます。

食品にもケルセチン配糖体が含まれているものもあり、玉ねぎにもケルセチン配糖体はあるのですが、配糖体が多く含まれているのは玉ねぎの皮なので食べることはできないですよね。

メタバリアSならケルセチン配糖体によりダイエット効果をより引き出しやすくなるので、食品や他のダイエットサプリに比べて効果の満足度が高いのでしょう。

ケルセチンには危険な副作用の噂も…

食品にも含まれているケルセチンですが、実は以前ケルセチンを使ったマウス実験でマウスが死亡したといった報告が上がり、問題視されたことがありました。

しかし、マウスに与えたケルセチンの量は160mgで、これを人間の身体に換算すると玉ねぎ約120個分となるので、身体に大きな負担がかかってもおかしくないですよね…

実際に人間がこれだけの量のケルセチンを摂取することは難しいですし、もしメタバリアSを過剰摂取しても、身体に悪影響を与えるほどの副作用が起こることはありません。

メタバリアSに含まれているケルセチンは食品に含まれているものよりも身体への吸収力が高く、効果を実感しやすいですし、さっと飲むだけでいいので簡単にケルセチンを摂取することができますね。

ただし、メタバリアSを過剰摂取しても効果が倍増するわけではないので、摂取量を守って正しい飲み方で続けていきましょう。

>>メタバリアSの公式サイトはこちら