カロリミット

カロリミットは食後に飲んでも意味がない?いつ飲むのが正解なの?

カロリミット 食後

食後にカロリミットを飲んでも糖の吸収を抑えることができるのでしょうか?

基本的にカロリミットは食前に飲むことで効果を発揮できるダイエットサプリですが、ついうっかり食前に飲み忘れてしまうことも…

食前にカロリミットを飲み忘れてしまったら、食後に飲んでも間に合うのでしょうか?

もし食後に飲んでも意味がないならダイエットに遅れが出てしまうのでショックですよね。

カロリミットを食前に飲み忘れてしまった場合の対処法についてまとめました。

食後すぐに飲めばOK!

食べた物の糖の吸収を抑えることができるので、最も効果を実感できるのは食前に飲むことです。

ただし、誰でも飲み忘れをしてしまうことはありますし、もしカロリミットを飲み忘れてしまったら食後に飲んでも意味がないのでしょうか?

食べたものを消化するのには2~3時間かかります。

食べ物によっては4時間以上かかるものもあるので、食後すぐに飲めば大丈夫です、

食前に飲むよりは効果の実感力は下がりますが、飲まないよりは全然いいので、もし食前にカロリミットを飲み忘れてしまっても焦ることはありません。

どうしても食前に飲めない場合はどうすればいい?

家や気心知れた友人同士との食事会であれば、カロリミットを食前に飲むことができますが、仕事関係者との食事会の場合、カロリミットを食前に飲むのは難しいですよね…

急にお誘いがある場合もありますし、そんな時に限って持ち歩いていないこともあるでしょう。

カロリミットは食前に飲むことでより効果を発揮することができますが、直前でないといけないわけではありません。

カロリミットの効果持続時間は約2時間なので、時間を計算して早目に飲んでしまってもOKです。

また、カロリミットは1日に1回摂取すればいいので、仕事のスケジュールなどのタイミングに合わせて使ってみてくださいね。

飲み忘れしないようにするには?

どうしてもすぐに飲み忘れをしてしまうのであれば、まずはどの食事のタイミングで飲んでおくかあらかじめ決めておきましょう。

カロリミットは1日の食事の中で1番摂取カロリーが多い食事のタイミングで飲むのが良いとされていますが、日によって飲むタイミングを変動してしまうのであれば、必ず夜ご飯の前に飲むなど習慣化させることが大事です。

それでも飲み忘れをしてしまうのであれば、カロリミットは外出先にも持ち運びやすいコンパクトサイズになっているので、常にカバンの中に入れておきましょう。

水さえあれば、外出先でも飲むことができるので、自分がどうすれば飲み忘れをしないでいられるか工夫しながらダイエットを続けていきましょう。

1日飲み忘れたら次の日は倍飲んでもいいの?

まだカロリミットを飲む習慣ができていない時に1日ずっとカロリミットを飲み忘れてしまった場合は次の日に前の日分も飲んだほうがいいのでしょうか?

もし前の日カロリミットを飲み忘れてしまっても、摂取目安量の倍飲む必要はありません。

人間の身体には一度に吸収できる成分量は決まっています。

そのため、次の日倍量飲んだからといって、成分全て吸収できるわけではないですし、もったいないですよね。

1日飲み忘れてしまっても、次の日は飲み忘れをしないように規定量をきっちり飲むようにしてください。

たった1日飲み忘れたからといって、今まで痩せていた分がすぐに戻ってしまうことはないので安心しましょう。

カロリミットは食後よりも食前に飲むように習慣化させましょう。

もし飲み忘れをしてしまった場合でも、食後直ぐであれば効果を十分に実感することができるので毎日続けてくださいね。

無理なく体重を落とすことができるカロリミットで、理想のスタイルを目指していきましょう!