森永 ビフィズス菌末 BB536
森永乳業が見つけたビフィズス菌末BB536とは一体どのように発見され、世間から注目されるようになったのでしょうか?

今では様々な商品に配合されているビフィズス菌末BB536ですが、実は初めて見つけたのは乳飲料や牛乳を販売手している大手メーカーの森永乳業です。

森永がビフィズス菌BB536を見つけ、もともと粉状だったビフィズス菌末をサプリ化することに成功し、今では日本だけでなく、世界から森永の技術が利用されているのです。

しかし、様々な雑誌や情報サイトでもビフィズス菌末が腸に良いと評判なのは知っているものの、具体的にどのような効果を得ることができるのか知らない人も多いですよね。

そこで森永でビフィズス菌末が見つかった過程と具タテイ的な効果についてお教えします。

1969年に森永が見つけたビフィズス菌末BB536は赤ちゃんから発見された!?

実はビフィズス菌末BB536は1969年とかなり前にすでに森永が見つけておりました。

森永乳業はビフィズス菌末の開発に力を入れており、長い間研究に研究を重ねていました。

もともとビフィズス菌末BB536は腸内環境改善のためではなく、赤ちゃんの健康を守る製品づくりのために開発されており、その研究過程で赤ちゃんからビフィズス菌末BB536を初めて見つけたのです。

ビフィズス菌末の中でも最も人に適した種類となり、通常であればビフィズス菌末を摂取しても、胃酸や熱によって死滅してしまいます。

しかし、ビフィズス菌末BB536は熱や胃酸に非常に強いことから、死滅することなく生きたまま腸に届くことができると一時期様々なメディアで話題になりましたね。

さらにその後もビフィズス菌末BB536をできるだけ死滅させないように腸まで届けるために開発を重ね、当初は10年かけてヨーグルトに配合できるように改良され、そこからまた年月をかけてサプリメントにすることができたのです。

森永のビフィズス菌末BB536の5つの効果

森永が最初に見つけたビフィズス菌末BB536はその後改良を重ねたことで、腸内フローラを安定させ、腸内環境を改善できるだけでなく、その他にも嬉しい効果を発揮することが分かりました。

どのような効果が期待できるのでしょうか?

5つの効果に分けてまとめてみました。

1、 整腸作用

ビフィズス菌末BB536を摂取することで、排便回数を無理なく増やすことができ、悪玉菌を減らすことで便の臭いを軽減する効果も期待できます。

老廃物を排出することでデトックス作用となり、体重を減らせるだけでなく、肌や髪をキレイにする効果ももたらします。

2、 感染症予防

大腸の表面にある細胞を守り、外からの攻撃を抑えることができることから、病原性大腸菌0-157を予防することができます。

3、 アレルギー予防

食物アレルギーだけでなく、花粉症なども免疫力が低下したことで発症しやすくなります。

ビフィズス菌末BB536は腸内にある免疫細胞に直接アプローチすることができるので、乱れた免疫バランスを整える作用があります。

4、 骨密度強化

ビフィズス菌末BB536を摂取することで、腸内が酸性へと変化し、カルシウムを吸収しやすくする働きがあります。

骨密度が減少すると、正しい姿勢をキープすることができなくなったり、最悪の場合は骨粗しょう症になる恐れも…

特に女性の方が骨密度は減少しやすいとされているので、女性は積極的にBB536を摂取していきましょう。

5、 潰瘍性大腸炎の緩和

免疫バランスが乱れることで発症する大腸の病気で、大腸の粘膜が炎症起こし、ただれを起こします。

ビフィズス菌末BB536には免疫バランスを正常化させることで、大腸の炎症を緩和させる作用が期待できます。

森永乳業が見つけたビフィズス菌末BB536は整腸作用だけでなく、これだけの嬉しい効果を発揮することができるのですね。

キレイな腸に変えたいなら、意識して摂取するようにしましょう。

>>【ファンケル内脂サポート】BB536を手軽に摂取できる!お試し版はこちらから