ビヒダス BB536 下痢
森永乳業から発売されているビビダスBB536で下痢になってしまう原因と対処法についてまとめてみました。

ビビダスBB536はスーパーなどで気軽に購入できる人気のヨーグルトで、ヨーグルトなのに酸味がまろやかで食べやすい!と口コミでも評判ですよね。

そんなビビダスBB536を食べると一部では下痢になってしまうといった悪い口コミが投稿されています。

ビビダスBB536に限らず、ヨーグルトを食べると下痢になってしまうことがありますが、なぜヨーグルトを食べると下痢になるのでしょうか?

これからも美味しくビビダスBB536を食べるためにも、ヨーグルトを食べると下痢になってしまう原因と対処法についてご紹介します!

ヨーグルトを食べると下痢になる原因って?

ビビダスBB536に限らず、ヨーグルトを食べると下痢になってしまうのにはどんな原因があるのでしょうか。

3つの原因に分けてご説明します。

1、 ヨーグルトに含まれている乳酸菌やビフィズス菌

ヨーグルトには整腸作用効果のある乳酸菌やビフィズス菌が配合されており、これらの成分効果によって、腸内環境を改善し、健康的にお通じを促すことができます。

しかし、食べ過ぎてしまったり、体調が良くない時に食べてしまうと、まれに成分効果が効きすぎてしまい、下痢を起こす原因となるのです。

ビビダスBB536を食べる時には過剰に食べすぎないように気をつけ、体調が悪い日には摂取しないようにしましょう。

2、 ヨーグルトの冷たさで胃腸が刺激される

基本的にはヨーグルトは冷たいまま食べることが多いと思いますが、胃が弱っている時やもともと胃腸が弱い人が冷たいままヨーグルトを食べてしまうと、胃腸が刺激されることで下痢になる恐れがあります。

3、 乳糖不耐症

ヨーグルトや牛乳などの乳製品を摂取すると下痢になってしまう症状の一つです。

乳糖不耐症であっても牛乳よりはヨーグルトのほうが下痢になりにくいとされていますが、ヨーグルトにも少量の乳糖は入っているので、乳糖不耐症ならば、残念ですがビビダスBB536だけでなく、ヨーグルトを摂取するのは控えておきましょう。

ヨーグルトで下痢にならないためには?

1、 ホットヨーグルトで食べる

一時期テレビ番組で紹介されてブームになった「ホットヨーグルト」なら、胃腸に刺激を与えることなく、整腸作用を高めることができ、ダイエット効果も期待できます。

ビビダスBB536などのヨーグルトをレンジで少し温めるだけでいいので、誰でも気軽に続けることができますね。

ただし、あまり温めすぎると乳酸菌やビフィズス菌が死滅してしまう恐れがあるので注意しましょう。

2、 少量ずつ食べる

ヨーグルトを一気に食べてしまうと、成分効果が出過ぎてしまい、下痢を引き起こす原因になります。

少しずつゆっくり食べることで、胃腸を刺激を減らすことができます。

3、 一度にたくさん食べすぎない

ビビダスBB536などのヨーグルトを毎日食べているのになかなか痩せないからといって、たくさんの量のヨーグルトを食べてしまうと下痢になってしまいます。

BB536は整腸作用効果があることで、結果的に体重を落とすことができますが、直接脂肪を燃焼させるなどの効果はないので、すぐに体重が減らないからといって大量に食べてはいけません。

身体に負担をかけることなく、BB536を摂取するためにも適量を毎日食べて、健康的に美腸を目指していきましょう。

ビビダスBB536を食べたからといって、必ず下痢になってしまうわけではありません。

しかし、ビビダスBB536に限らず、どんなヨーグルトでも食べ方を間違えてしまうと下痢になってしまう恐れがあります。

健康的に腸内環境を改善したいのであれば、正しい食べ方でBB536を摂取して、健康的に腸をキレイにしていきましょう。